2009年06月18日

童貞をロックオン 情けない 続き

立て続けに2本見たところで買出しに行くことになったのだが、当時は今ほどコンビニがあるはずもなく、24時間営業で酒を扱っている所となると結構遠い場所にあったので車を出す事になった。『俺が行って来る。』と言い、男集からカンパを集めてさっさと部屋を出た。
パシリの様で普段だったら間違っても言い出さないのだが、裏ビデオの残像が残っているうちに抜きたいと思って言い出したのだった。
車に乗り込み一息ついた童貞は徐にズボンとパンツを下げ既に硬くなっているペニスを握った。パンツにはガマン汁がベッタリ付いていた。目を瞑ってさっきまで見ていた映像を思い出しながらのオナニーはあっという間に絶頂を迎えようとしていた。と、その時であった。助手席の窓を叩く音。
ふと横を見ると窓からJ子ちゃんがこっちを覗いていた。フルスモーク仕様にはしてあったが多分見られていたと思った。童貞は慌ててズボンを上げて平静を装い窓を開けた。『どうしたの?』俺は何事もなかったようにJ子ちゃんの顔を見た。『疲れちゃったし、K君一人じゃ寂しいかなぁって思ったの。』
心遣いはとても嬉しかったのだが、内心は出来れば後チョット遅く来て欲しかった。中途半端な快感は身体に悪い。そんな事を思っていても仕方ないのでとりあえずJ子ちゃんと買出しに出かけた。J子ちゃんとは他愛も無い話をしながら買出しを済ませ元も駐車場に戻った。
posted by さちこ at 14:04| 童貞をロックオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

童貞をロックオン

今では両手両足の指を2回ずつ使っても足りないほどの女性と経験を重ねた童貞 だけど、スタートはかなり遅くてギリギリ成人式前だった。
さすがに経験直前は友人達には誤魔化していたが(もっとも聞かれもしなかったが・・・。)彼女を作るきっかけすらなかった。友人の何人かはナンパ即ホテルの様な事をやっていた。
実際そんな話を聞くと自分が大きく後れを取っているようで内心はかなり焦っていた。
まぁその事を覗けばいつものように集まって遊んでいるのだが・・・。

その日も一人暮らしをする友人の家で裏ビデオの上映会をする事になった。実家が土建業をやってるヤツがいて職人とか業者からもらうらしく、自宅に秘密のライブラリーを持っている。ソイツが新作を入手するとたまにやっているのだ。
今回もその流れだったのだが、童貞野郎ばかりじゃ華もないしそのまま飲み会を開くと言う趣旨でナンパで知り合った女の子を招待した。
さすがに彼女は呼び難いし、そのままやりたくなっても問題ない女のほうが良いだろうとの事だった。呼んだのは3人で俺は全員と面識があった。中でもJちゃんは俺好みのムチっとしたおっぱいの大きい娘だった。
その頃は週休2日なんて滅多になかったので集まったのは9時を回った頃。まずは上映会を始めた。粗悪品が多かったご時世だが、ソイツのコレクションは比較的画像がキレイでオマンコもハッキリ見えた。今ほどのエロさは無かったがみんな画面に釘付けだった。

posted by さちこ at 10:42| 童貞をロックオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。